遺産分割による節税

Permalink

財産を誰が引き継ぐのか、どのような状態で引き継ぐのか、それによって相続税も大幅に変化します。相続の分割をする前にまず税理士に相談してみましょう。遺産分割協議を行って、家族間でどのように分割をするかを決めますが、これこそ相続税の節税に重要な鍵を握っていることなのです。引き継ぐ人や、どのようなかたちで相続するかなど、いろいろなことが考えられるのです。

例えば一般的な小規模住宅の場合、亡くなった人の妻が相続するときには、土地評価額を8割減少させるという特例があります。妻が相続することと子どもが相続するとではまったく相続税が違ってくるのです。また配偶者控除として、亡くなった人の財産の1億6000万円まで、あるいは財産の半分は配偶者に相続税は掛かりません。子どもが相続するのとはまったく違うのです。

他にも相続した土地を数人の子どもで分けて登記をする場合、いびつな形態の分割を登記することで、相続税の評価額をダウンさせることができます。このようなプロならではの節税の指導。また土地の場合は土地の評価についても、税理士ならしっかりした知識を持っているので、評価を下げて節税をすることもできます。このようにプロだからこそ、頼りになるのが税理士なのです。